勤務先に借金のことがばれるのを心配している人へ

家を建てた場合や高額な手術を受けたために借金をしたというのであれば、会社に知られてもそれほど気にする人はいないでしょう。何よりも周囲の人たちから理解されるケースがほとんどです。それに対してギャンブルなどで作った借金なら印象が良くないです。

そこでなぜ会社に借金がばれるのか、そしてどうやれば防げるのかを紹介しておくので参考にしてみましょう。


なぜ会社に借金がばれるのか

会社に借金があることが知られてしまう理由は大きく分けて二種類あります。消費者金融から会社に電話がかかってくる場合と、自己破産した時です。いずれにしてもかなりの高確率で、会社の部下や上司の耳に入ると考えておいて差し支えがないです。

しかも昇進する際に影響するのではないか、あるいは社内で肩身が狭くなりそうなどといったように不安になることも多いでしょう。しかし消費者金融などからお金を借りないことには、生活できないといった場合も珍しくありません。

そこでできるだけ会社に借金がばれないようにするために、考えて行動しておきたいものです。

なぜ消費者金融は会社に電話をかけてくるのか

消費者金融と契約する際には、在籍確認のために会社に電話をかけてくるため借金をしていることが同僚たちに知られるのではないかと心配になってしまうものです。しかし、多くの消費者金融では在籍確認の際に会社名を名乗ることはないため、ばれる心配は少ないと言っていいしょう。

在籍確認を行う理由は、消費者金融側からすれば、書類に書かれている勤務先が本当に実在するのかを調べなければいけません。同時にお金を貸した人が在籍しているのかも確認しておかないと、そのまま持ち逃げされてしまうかもしれないのです。

行方をくらまさないまでも、定期的な収入がないと元本の返済はもちろん、利子すら戻ってこない恐れもあります。そのためどこかで借金をするなら、会社に電話がかかってくるのは仕方がないことだと考えておいた方が良いでしょう。

会社で電話がかかってくるもう一つの理由

きちんと働いているのかの確認ができれば、基本的にはそれ以降消費者金融が会社に電話をかけてくることはないです。理由は単純で、お金を貸した人が会社に居づらくなって辞められでもしたら、借入金の回収が難しくなってしまうからです。

例えば連絡先をわざわざ会社の電話番号にしているなら話は別です。ただそのような人はほとんどいないですし、もしも間違って記入してしまったら、気がついた時に変更しておけば問題はないでしょう。ただし滞納した場合は注意が必要で、初めは自身の携帯電話や自宅に催促の連絡が入ります。

それでも無視をして電話に出ない、借金も返済しないと、連絡する手段がなくなった消費者金融はやむを得ず会社にかけます。こうなったときは、同僚にばれる可能性があります。しかし消費者金融としては、先述した通り貸した人の生活を奪うのが目的ではありません。

会社への連絡は最終手段ですから、振り込みを忘れてしまった、忙しくて催促の電話に出られなかった程度では、会社に電話はこないです。あくまでも悪質な人に対して行うものだと、認識しておいて差し支えがないです。


自己破産をするとなぜ会社にばれる可能性があるのか

大前提として自己破産をしたからといって、必ずしも会社に借金のことがばれるわけではありません。あくまでもばれるかもしれないという話です。ではなぜわずかでもばれる可能性があるのかですが、自己破産をしてしまうと国が公的な資料に名前と住所を載せるからです。

いわゆるブラックリストなどと呼ばれているもので、これを見て消費者金融はお金を貸すのかどうかを判断する場合があるのです。しかも自己破産者のリストは比較的簡単に、そして誰でも見ることができます。ただ容易いからといって、会社がわざわざ自社の社員が自己破産しているのかどうかを確認するとは考えにくいです。

強いて言えば怪しげな催促の電話が頻繁にかかってくるので、トラブルになる前に調べておこうなどといった事態になった時でしょう。しかしこれも先に説明しましたが、滞納した上に対応も悪かった時だけで、真面目に返済していれば問題はないです。

(借金返済を目指す人向けのおすすめの期間工の仕事)

他にも借金がばれる要因はあるのか

現在どれだけの借金があるのか、きちんと返済ができているのかなどといったことはできるだけばれたくないと考えるのが一般的でしょう。

そのため、会社に知られてしまったらどうしようなどといった不安を抱えているのかもしれません。

ただ結論から言うと、これらの情報は会社にはもちろんですが、家族にさえばれることはないです。理由は個人情報保護法という法律によって守られているからです。

そしてこの情報を見るためには、当人の許可が必要になるため、第三者が勝手に見ることは許されません。ただしここで頭に入れておかなければいけないのが、個人情報を見るための許可を求められることがある点についてです。

それこそ消費者金融から借り入れをする際には、他にも借金がないのかやこれまでに滞納がないかを調べるためです。他にも職業によっては入社する時に確認される場合があります。

会社にも家族にもばれずに借金をする方法

ここまで読んでいて気がついた人もいるでしょうが、意外とばれることなく借金ができるということです。

自己破産をした時ですら、自分で話をしたり不審な行動をしたりしない限りは、同僚たちにばれる確率はかなり低いです。ただ消費者金融から借金をする場合に気を付けたいのが、最初の確認の電話です。会社に勤めているのかどうかを調べるために、多くの消費者金融業者は連絡をしてきます。

しかしここさえ乗り切れば、借金のことは秘密にできるというわけです。そこで利用しておくと良いのが、在籍確認の電話をしてこない消費者金融業者から借り入れをすることです。実は勤務先への連絡は義務になっているわけではなく、消費者金融側が貸しても問題ないかを知るためにやっているだけです。

一部の消費者金融業者はインターネットから申し込めますし、郵便物についてもほとんどないところがあります。仮に書類などを送る際にも、消費者金融業者からだとわからないような封筒に入れてくれるなど、配慮をしてもらえます。

おかげで家族にも知られずに借金ができるのです。ただしいくら会社に確認の電話をしないからといって、絶対にかけてこないわけではありません。この場合でもやはり滞納があって、加えて催促の電話にも出ないなら、必ず会社には連絡が入ります。

他にも注意したいのが、携帯電話の番号を変更した時です。そのことを消費者金融業者に伝え忘れると、急に連絡が取れなくなったので慌てて会社に電話かけてくることがあるのです。それらがなければ安心して借りられます。