消費者金融への借金を滞納していると給料差し押さえの手段をとられる

テレビコマーシャルの影響によって、消費者金融に対するイメージは以前とは大きく様変わりしています。一昔前は怖いというイメージが強かったのですが、現在ではむしろ気軽に利用できることもあって利用者が急増しています。

だからといって借りたお金を返さないでいるのはよくありません。返済しないままでいるとどのような対応をされるのか見ていきましょう。


まずは電話で返済を催促する

取り立てと聞くと、ドラマや映画などの影響から、いきなり家に押しかけてきてお金の返済を要求するようなイメージを持たれることも多いですが、実際の消費者金融の取り立てはいきなりそのような強制的な行動に出ることはありません。

まず期日までに返済がおこなわれなかった場合、女性の社員がお金を返済していない相手に対して電話をかけ、借金の返済のお願いをします。借金返済をしなかった人の中には故意に返済をしないというわけではなく、返済日を忘れていて入金できていなかったというケースも多々あります。

ですからまずは返済が出来ていないことを相手に対して普通に伝えることからはじめます。借金を返済していない人のうち大部分はこの連絡があった時点で借金を返済し忘れていることに気づき、ちゃんとお金を入金します。

この時点でしっかりと入金をしておけば、返済が遅れたからといって特にペナルティを受けることはありません。ちなみに都合が悪いなどで電話に出られなかった場合は、留守番電話にメッセージを残すので電話に気づかなかったという理由は通用しません。

女性社員の電話でも返済がされなかった場合

女性社員の電話による借金返済の猶予は消費者金融によって異なりますが、だいたい数日間といったところです。数日経過しても借金の返済がおこなわれなかった場合は、次の手段に出ます。女性社員による電話でも借金の返済がおこなわれなかった場合、今度は男性社員が同じように借金を返済していない相手に対して電話をかけます。

しかしこの段階でも口調が荒っぽくなるということはなく、あくまでも女性社員と同様に丁寧な口調で返済期日を過ぎていますのでなるべく早く入金をお願いします。といった伝え方で借金の返済を催促します。なんらかの理由で相手が電話に出なかった場合も女性社員と同様に留守番電話でメッセージを残しますから、同じように電話に気づかなかったという理由は通用しません。

ペナルティを負いたくないのであれば、この段階までに何としてもお金を用意して返済をするようにしましょう。

男性社員の電話でもお金が返されなかった場合

女性社員の電話に対しても、その後の男性社員の電話に対しても借金の返済をおこなわなかった場合、消費者金融の取り立ては次の段階に進みます。今度は電話ではなく、手紙によって借金の返済を請求するようになります。

頻度は消費者金融によって違いますが、だいたい1週間に1回というのが平均的です。

とはいえこの段階では手紙の内容はまだ丁寧な文章です。イメージとしては携帯電話や公共料金の支払いが出来ていない際に送られてくる手紙と同じような内容だと考えればよいでしょう。返済期日を過ぎているので早期の返済をお願いしますといった内容と、滞納遅延金を含めた返済額が記載されている封書が送られてきます。

手紙の宛名は会社名ではなく、社員の名前が記載されているので一見すると消費者金融からの借金返済の催促の手紙とは分からないようになっています。

電話は会社や自宅にかかってくることがあるのか

ちなみに借金返済の催促の電話に関して、自宅や会社にもかかってくるのではと不安になる人も多いかもしれませんが、消費者金融では会社に借金の取り立ての電話をかけてはいけないという決まりになっているので職場に電話をかけることはありません。

自宅に電話がかかってくるかどうかについてですが、ローンを申し込む際には必ず自宅に電話をしてもよいかという問いがあります。この問いに同意している人に対しては自宅に電話をかけることもありますが、同意していない場合は自宅に電話をすることは絶対にありません。

基本的には相手が電話に出るまでひたすら携帯電話に電話を掛けます。


実際に自宅を訪れるタイミングなど

先にあげたような電話や手紙に対して、借金を滞納している相手からだいたい1か月以上アクションが無い場合、いよいよ消費者金融の社員は実際に相手の家に出向くようになります。実際に相手の家に出向くのに借金の金額の大小は関係ありません。

借りているお金の額が多かろうが少なかろうが一定の期間を過ぎれば自宅に取り立てに訪れます。訪問する時間帯に関してですが、実際に家を訪れる社員は取り立て業務だけではなく、通常の業務もこなさなければいけないのでだいたい夕方6時半から7時以降になることが多いようです。

しかしながらこの時間帯は一般的に会社員も仕事が終わって帰宅するタイミングなため、時間帯としては相手に出会いやすいともいえます。もし在宅でなければ帰ってくるまで家の前で待つこともあります。相手が帰宅してきたら声をかける前に借金を滞納している相手で間違いないかチェックをします。

たいてい申し込みをする際には免許証のコピーを受け取っているので、コピーの顔写真と相違ないかを確認し、間違いなければ声をかけます。実際に押しかけて交渉する際にも怒鳴りつけるようなことはありません。誓約書と返済計画書を相手と相談しながら記載し、ハンコをもらうようにします。

(借金をする際の金利は重要!返済総額に大きく影響)

それでも返済されなければ、いよいよ差し押さえ

ここまでの手段を講じても相手から返済されない場合、いよいよ最終手段に打って出ますが、事前に相手に対して期日までに返済されなければ財産差し押さえなどの手段に打って出るという内容の通告書を送りつけます。最終手段に打って出る前には必ず裁判所に強制手段に打って出ても良いかの確認をとります。

差し押さえは給料を実際に差し押さえる方法と、借金を全額返金してもらう方法に分けられ、借金を滞納している人の収入状態によって決められることが多いです。

滞納額が多いが収入も多い人の場合は給料の差し押さえを、財産が少なく返済が難しい人に対しては全額返金を要求します。ちなみに給料の差し押さえに関しては制約があり、給料全額の4分の1までと定められています。しかし、差し押さえがおこなわれると会社に自分が借金をしていることがバレるということもあって、実際は差し押さえられる前にお金を返済するケースがほとんどです。