借金をする際の金利は重要!返済総額に大きく影響

借金をする時に気になることといえば、何よりも金利を挙げる人が多くいます。確かに、金利が1%高いだけでも完済するまでの総返済額には大きな違いが生じることになります。目先のお金に困る人にとっては、金利はいくらでも良いなどの思いを持つ人も少なくありません。

友達同士の貸し借りとは異なる金融機関からの借金では、金利にこだわることも必要です。(参考サイト ... 債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所)

その詳細を見てみましょう。


多重債務や返済困難が及ぼす影響とは

借金といえば金利がついてまわるものということは間違いありません。そもそも、お金を貸すというサービスを行っているのが、消費者金融業者やクレジットカード会社、銀行などの金融機関です。多くの人がこれまでに利用した経験があるのではないでしょうか。

金融機関にとっては、金利が利益になることはいうまでもありません。例えば100万円を金利18%で借りたとするならば、一年後には金利込みで118万円になるという計算です。

むろん、実際には返済をすることになりますので、1円単位の計算がされることになります。金利については、お金を借りる際には、極めて重要な要素となります。

金利が1%異なるだけでも、完済に至るまでに支払うことになるトータル金額が大幅に異なることになります。

このことからも、金利には徹底的にこだわった方が良いといえるかもしれません。しかしながら、現実にお金を貸してほしいという人にとってみれば、「金利はいくらでも払うからお金が手元に欲しい」というのが本音です。

多重債務や返済困難に陥ってしまうことで、冷静な判断能力を失うことになってしまいます。

そのこと自体がお金の持つ魔力といえるでしょう。

金融機関が遵守すべきルールは多い!

「消費者金融業者などの金融機関から借りないで、家族や友達から借りれば?」と思う人も多いかもしれません。確かに、その方が手っ取り早くていいといえるでしょう。また、家族や友達であれば、金利を付加して返済しなければならないということも原則としてないはずです。

しかしながら、そのようなことができない人が金融機関を利用するというのが現実なのです。既に親や兄弟姉妹、友達などに何度も借金を重ねてしまい、借りるあてがないとして金融機関に助けを求めるという人が多いのが実態といえます。

中には、親や兄弟姉妹、友達などに頭を下げるくらいなら、金利を払ってでも、金融機関に借りた方が良いという価値観を持つ人がいるのも事実。金利には上限があるということも知識として知っておくべきかもしれません。

消費者金融業者やクレジットカード会社、銀行などの金融機関が融資をするにあたって、遵守しなければならないのが利息制限法と呼ばれる法令です。融資を行う金融機関が守るべき法令やルールは多くあります。消費者保護という観点からの取り組みであることは間違いありませんが、これらを守らなければ金融庁から厳しい制裁を受けることになります。

あまりにも悪質な場合には、業務停止に追い込まれることも有り得ます。

(勤務先に借金のことがばれるのを心配している人へ)

闇金業者に手を出してしまう人も

具体的に金利はどのくらいまでなら許されるのかについても疑問を持つ人が多いでしょう。この点については、原則として20%が上限金利となっています。この上限金利は、ここ数十年間で大きく変化を見せたということがいえます。

かつてのように「サラ金地獄」などという言葉が横行することがないようにしなければならないという監督官庁の強い意識が働いていることも事実です。いわゆるグレーゾーン金利が撤廃されることになったのも、かつての行き過ぎた督促や回収業務が社会問題として取り上げられたことに起因しています。

消費者金融業者など金融機関に対する厳しい締め付けもあり、今では違法な金利で融資を行うのは、いわゆる闇金業者と呼ばれるような小規模の業者に限られます。皮肉にも上限金利が見直されたことで、金融機関の審査が厳しくなり、結果的に闇金業者に顧客が流れてしまうというような事態が起こっているのです。

「闇」という言葉がある通り、法令やルールを無視して融資を行うのが闇金業者であり、その傍若無人な立ち振る舞いについては、幾度となく問題視されてきました。

返済実績を積み上げることで金利が低下

先述したような闇金業者が求めるような金利は法外であり、30%~50%にのぼるというケースも少なくありません。むろん、これらの金利は違法であり、その返済に応じる必要はないといえます。万一、手を出してしまった場合には、速やかに警察などに相談することが必要です。

「住宅ローンや教育ローンと比較をした場合、なんでこんなに金利が高いの?」と思う人もいるはずです。マイナス金利の導入もあり、消費者金融業者などの金融機関の金利だけが突出して高いと感じる人もいるのではないでしょうか。

金融機関における借入でも、真面目に遅れなく返済を続けることで、徐々に金利が下がるというケースもあります。返済実績に合わせて金利調整が行われるというものです。契約当初は18%など上限金利ギリギリの金利が付加されるケースがほとんどですが、徐々に返済実績を積み上げることで金利が低下していくことになります。

真面目に返済を続けることで、信頼度が増すことになり、借入金の限度額アップや枠解放などが叶うことも有り得ますが、安易に借入金を増やすことは控えた方が無難です。あくまでも、余裕を持って返済できる範囲内にしておくことが大切となります。

(借金返済を目指す人向けのおすすめの期間工の仕事)

冷静な判断が必要!金利は低い方が良い

「あくまでも金利にこだわる」というならば、口コミや評判などの情報に注目すべきといえるでしょう。ネットワークサービスの台頭に伴い、消費者金融業者やクレジットカード会社、銀行などの金融機関でもネット上でのサービス展開を充実させる動きが加速しています。

パソコンはもとより、スマホやタブレットがあれば、申し込みも容易にすることができるのも利用者増加につながっていることは間違いありません。ネット上には、さまざまな謳い文句が溢れています。「webで完結」や「主婦やシニアでも借りられる」など利用者の申し込みを誘うような宣伝広告があちらこちらで見られます。

これから融資を受けようとする人が注目しなければならないのは、金利がどのくらいかということです。甘い謳い文句に騙されることなく、冷静な判断ができるような視点を持つことが大事。他のサービス項目が同水準であるならば、金利の低い金融機関を選択するのが無難といえるのではないでしょうか。